顔に一つできるだけでも憂鬱になるニキビ・・・

10代~20代前半にできる思春期ニキビと、成人してからできる大人ニキビは似て非なるものって知っていましたか?

そもそもですが、両者はニキビができる原因が全く異なります。

思春期ニキビが脂性肌や過剰な皮脂分泌によって発生する一方で、大人ニキビができる原因は、乾燥肌やストレス、ホルモンバランスの乱れ、生理周期などが原因になることが多いのが特徴です。

また、ニキビができる箇所も異なります。

思春期ニキビは顔全体にできますが、大人ニキビは「頬・口周り・あご」にできやすい特徴があります。

他にも、思春期ニキビは春~夏にかけてできることが多いのですが、大人ニキビは季節に関係なく一年中できるという違いがあるなど、一口にニキビと言っても思春期ニキビと大人ニキビは別物になります。

そこで当記事では、大人ニキビができる原因と治し方、部位や種類別の特徴や予防対策について解説していきますので、大人ニキビでお困りの方は参考にしてみてください。

>>思春期ニキビだけじゃない!?大人ニキビにも効果的なプロアクティブプラスのお得なキャンペーン詳細をチェック

大人ニキビの特徴

大人ニキビの特徴は、通常のニキビが思春期の頃に皮脂の過剰分泌が原因でできるのに対して、身体的な疲労やストレス、食生活やホルモンバランスの乱れ、汗の汚濁などが原因となり、大人になってからできるニキビのことを言います。

大人ニキビでは思春期の頃にできるような数や広がりはなくても、内臓の疾患からくる大人の肌荒れの延長となっているケースもあり、大人ニキビは実は思春期ニキビよりも性質のわるいものとして認識されています。

大人ニキビの症状が悪化するとなかなか治りにくく、皮膚科にかかっても治らない場合もあります。

また、内服薬で治療する場合もあり、その際には栄養バランスの整った食生活や十分な睡眠とるなどの指導を受ける場合もあります。

顔にニキビができてしまうと、特に女性の場合は化粧崩れの原因にもなりますので注意したいですね。

実際に皮膚科等の病院でニキビが治らない人も多くなりますが、ダメもとでプロアクティブを試してみたら今までのニキビ肌がまるで嘘のように綺麗に治ったと言う人も少なくありません。

なぜ大人になってからニキビができるの?

ニキビの原因の一つとして、「アクネ菌」と呼ばれる原因菌があります。

このアクネ菌は思春期の身体能力が盛んな頃に、人体の老廃物を通して繁殖する雑菌の種類です。

そして、そのニキビの原因菌が顔表面などの不衛生な状況と重なって、顔の表面にわるさをしてニキビができてしまうのです。

ニキビの予防対策として肌を洗浄するのと同時に、アクネ菌を退治しなくてはなりません。

ですので、流水できれいに洗って肌を清潔に保ち、しっかりと保湿させて潤いを与えておかなくてはならないのです。

ニキビの原因に不潔というものがありますが、思春期には身体の活性が盛んなので、老廃物としての汗も大量に出ます。

ですので、顔表面を滅菌しておいたとしても、すぐに菌が繁殖して大変なことになります。

ニキビを根絶しておかないと痕が残ることもあるので注意が必要になります。

おでこのニキビの原因

おでこのニキビの原因は、思春期の場合、ホルモン変化による皮脂の過剰な分泌が原因で、大人のニキビの場合は、髪の毛や整髪料による刺激、シャンプーやトリートメントの洗い残しなどの外的要因によるものがほとんどです。

他にも額に触った手や爪から菌が繁殖してしまうことも多くなります。

帽子をよく被る人は、おでこのニキビ対策として、帽子をよく洗って清潔な状態にしておきましょう。

おでこのニキビは寝ているときに発症してしまうこともあり、その際は、シーツなど毛布類を洗浄に気をつけるなどで対処しましょう。

また、手指をおでこに充てないようにして、爪の内部の洗浄も怠らないようにすると良いです。

おでこにはどこで外界のものがあたっているかをよく注意して生活します。

頬のニキビの原因

頬のニキビの原因としては、「乾燥」しやすい箇所と言うこと、冷えやホルモンバランスも影響します。

肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌の原因にもなりニキビができやすい状態になりますので要注意です。

また、頬は汗が流れ落ちてくる多汗の場所であることも理由になり、顔の老廃物としての油脂がよく付着する場所であることも影響します。

顔表面の中でも頬は、手がよく触れる箇所でもあるので、頬を触ったりするなら、よく手を洗浄して常に清潔な状態にしておくことが大切です。

また、頬を爪で引っ掻いてしまうと、そのまま線状のニキビの発疹が重なりますので、頬を傷つけたりしないために爪を短めに切っておくなど注意が必要です。

鼻のニキビの原因

毛穴の多い鼻のニキビの原因は、毛穴に詰まった皮脂汚れや化粧残しになります。

また、過度な洗顔や角栓ケアなども刺激が強くなるので注意が必要です。

他にも不規則な生活や食事の影響も大きく、脂分の多い食べ物中心の食生活だと皮脂の過剰分泌の原因となりニキビができやすくなります。

鼻のニキビはできてしまうと精神的にも本人に苦痛を与えてしまいます。

鼻のニキビは鼻を手で触ってしまうことにより、あとで菌が大量に発生してしまうのが原因となります。

ですので、汚れた手で鼻を触ったりしないように、また鼻を触る際には、手をよく洗浄した滅菌状態としてキープすることが大切になります。

鼻のニキビはそのまま膿んでしまう可能性もありますので、早期に消毒して、鼻のニキビが悪化しないように注意しましょう。

あごのニキビの原因

あごのニキビの原因は、体の中にある場合が多く、特にホルモンバランスの乱れには要注意です。

身体の冷え、ホルモン、ストレスなど様々な要因が重なっている場合も多く、容易に原因を特定するのが難しいのが顎のニキビになります。

また、衣類の襟の部分があたるなどの外的要因でニキビが発症としてできる場合もあります。

他にも、あごのニキビは仕事での疲労や人間関係によるストレスや、心配症によっても多発してしまいます。

ですので、なるべくストレスを溜め込まないように心がけが必要です。

食生活の面では、ビタミンCを多めに摂取する食生活をこころがける点が有効になります。

また、あごのニキビには早期対策として、すぐにケアすることをおすすめします。

Recommend Posts

ニキビの種類について

ニキビの種類はさまざまで、種類別で悪化の進行スピードや治し方が異なります。

ニキビは顔表面にできるものがほとんどですが、うなじの部分や首、背中にできることもあります。

人体の老廃物は、身体の活性の原因とされますが、大人のひどくなるタイプのニキビには内臓疾患からの理由の可能性もあり、専門機関で診てもらった方が良い場合もあります。

ニキビの原因は基本的にアクネ菌とされていますが、これは思春期の頃にできるニキビの原因菌のひとつであり、大人ニキビの場合は他の雑菌の繁殖の可能性もあります。

ニキビケアで治らないケースでは、他の菌やウィルスの可能性もありますので、セルフケアでニキビが改善しない場合は専門家の診断が必要でしょう。

顔以外の身体にできる背中ニキビなどは、刺激が少なく肌にやさしいボディソープや衣類の洗剤などもしっかりと見直すようにしましょう。

白ニキビについて

ニキビの初期段階が白ニキビです。

毛穴のまわりの角質が厚くなり、毛穴の出口がふさがれたようになって皮脂や老廃物が溜まって、毛穴が詰った状態で盛り上がり、ぽつっと小さな白い点に見えます。

この段階では炎症はまだ起きていません。

顔の中でも口周りやおでこの部分にできやすいニキビになります。

赤ニキビについて

赤ニキビとは、赤く腫れてしまったタイプのニキビです。

赤い色自体が、身体の抗力が反応している証拠ですので、無理にいじったりせずに、ニキビケアして腫れが引くのを待ちます。

この赤い状態のニキビは、アクネ菌が皮脂を栄養にして大量に繁殖し炎症を起こしている状態になります。

アクネ菌に対して、身体が熱を持ったり、抗体反応としての抵抗を身体が続けている段階ですので、この次期にむりにいじってしまい雑菌が侵入してしまうと、大変なことになりますのでなるべく触らないようにしましょう。

炎症が酷く痛みが激しい場合は、氷で冷やしたり消毒したりすなどして対策しましょう。

赤ニキビの段階でしっかりとケアしてあげないとニキビ痕が残ってしまう場合もありますので要注意です。

黒ニキビについて

黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いて、酸化した皮脂などによって黒く見える状態。シミやホクロのように見えたり、不潔なイメージに見えることも。

毛穴に詰まった皮脂が、芯と呼ばれる脂肪の塊になって毛穴を塞ぎ、この状態で放置すると皮脂が空気に触れて酸化し、黒くボツボツと目立ってきます。

白ニキビと同様、放置しておくと炎症につながるので注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れや、油分の多い化粧品やクリームが原因となっていることもあります。

また、化粧残しにも十分注意するようにしてください。

黄ニキビ(膿ニキビ)について

黄ニキビに関しては、赤ニキビの発症から時間が経過した最終段階のニキビで、おできのように腫れ上がりその部分が膿んでいることが考えられます。

膿ニキビは上手に消毒しながら処理すると腫れが引く場合があります。

ただし、その箇所にウィルスや雑菌がまた繁殖してしまうと、大変なことになりますので注意が必要です。

針で対処するときには、針を熱消毒したり、ちゃんとした消毒液を使用することで対処が可能です。

また白い部分が多くあるときには、その処理に失敗して、肌にクレーターのようなニキビ痕の残らないように注意が必要です。

紫ニキビについて

紫ニキビは、結節性ニキビとも呼ばれています。

化膿した黄色ニキビなどと違い、痛みやかゆみはありません。

ニキビに触れたときにゴリゴリとした感触を覚えるのが特徴で、デコボコして見た目が良いものではありません。

盛り上がっている上、色合い的にも目立つため、女性はもちろん男性にとってもコンプレックスとなりやすい状態です。

炎症や化膿が繰り返すと皮膚の奥の方にまで炎症が進み、そこに膿や血液がたまった状態になります。すると、皮膚表面にしこり状の赤黒い大きな塊のようなニキビが盛り上がり紫ニキビとなります。

特に血液のめぐりが悪い場合にできやすいニキビになります。

大人ニキビと思春期ニキビ違いはなに?

大人ニキビと思春期のニキビの違いは、余分な皮脂などが原因で思春期に誰にでもできるニキビが思春期ニキビ、20代以降の成人がストレスや不規則な生活、栄養バランスの悪い食事によるホルモンバランスの乱れや免疫力の低下が原因でできるニキビが大人ニキビと言われています。

特に大人ニキビの場合は、オイリー肌ではない場合でもできます。

大人ニキビは皮脂の多いおでこではなく、乾燥しやすいあごなどにできやすくなります。

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因の場合が多くなりますが、他のウィルス性と一緒になっている場合もあります。

ですから、思春期ニキビだから大丈夫であるという素人判断もできないのです。

思春期ニキビと大人ニキビは似て非なるものなので、思春期ニキビと大人ニキビを同じものと考えてケアすると、悪化させてしまう危険性があるので注意が必要です。

大人ニキビの場合には、内臓の病気も考えられますので、節制された生活が必要です。

>>思春期ニキビだけじゃない!?大人ニキビにも効果的なプロアクティブプラスのお得なキャンペーン詳細をチェック

思春期ニキビの特徴

  • オイリー肌の人に多い
  • 額から鼻にかけてのTゾーンにできやすい
  • 白ニキビが多くできる
  • 膿んで黄ニキビになりやすい
  • 遺伝的な要素が強い
  • 生活習慣で悪化する場合もある

肌がいつも炎症している

思春期の頃は新陳代謝が活発ですので、いつもニキビが発症しているという状況になります。

肌の老廃物は身体が元気であるからと理解しましょう。

洗顔が重要

洗顔が重要なのは、その汗が大量に流れてくる環境にもあります。

思春期の頃は外で活動することも多いですので、帰宅すればすぐに顔と手指の洗浄を行います。

良いニキビケアアイテムを使用する

化粧水などのニキビケアアイテムの内容によく注意を払います。

安めのものより、しっかりとした殺菌成分配合のものを使用します。

大人ニキビの特徴

  • オイリー肌に関係なく乾燥肌などあらゆる肌タイプの人にできる
  • あごや口まわりなどのフェイスライン、Uゾーンにできやすい
  • 大きな黄ニキビがポツポツとできて色素沈着して黒ずみを残しやすい
  • ストレスや生活習慣の影響が大きな原因となり、女性の場合は生理前に悪化しやすい
  • 一度できるとなかなか治らない

治りが遅い

治りが遅いという点で、思春期ほどの肌のサイクルがないことを考慮に入れます。

合併症の可能性

合併症というのは精神的な疾患が重なっていることも考えられます。

健康的に生きられる様に、ストレス対策のことや、内臓に病気がないかを確認します。

ストレスからの理由

大人社会でストレスは思春期の頃とは少し違っています。

会社生活や生活苦から来る原因で、大人ニキビが治りにくいというケースもあります。

ストレスを感じないのは難しいですが、ストレスを溜め込まないライフスタイルも必要です。

ニキビの予防対策について

ニキビの予防対策として、「ビタミン類・ミネラル成分」をよく摂取して、食生活にも生野菜を取り入れて栄養バランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

生野菜を積極的に摂り入れることで、次の日の朝の健康状態が違っていたりします。

生野菜を摂りにくい際には、サプリなどでビタミンやミネラルを定期的に補給することで対策できます。

また、ビタミンCはストレス対策としても有効ですので、ストレスを溜め込まないための対策としても効果的です。

医師の診断を受けて、内臓に問題があると診断を受ければ、すぐにでも内服治療をはじめたり、食生活の改善、スポーツで汗を流して血流の改善を行いましょう。

巡りが良く綺麗な血液をしていれば、大人ニキビはほぼできませんので、適度な運動で汗を流して、栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

>>ニキビの予防対策にも最適なプロアクティブ(今だけ38%OFF 60日間返金保証付き)の詳細をチェック

ニキビ痕(あと)を残さないためには正しいケアが大切

炎症を起こしたニキビの膿が外に排出され、炎症が鎮まりますが、赤みが残ったり、シミのように色素沈着したり、クレーターのように皮膚が陥没するなど、ニキビ痕(あと)が残る場合がありますのでニキビケアのやり方には要注意です。

痕が残るかどうかは、ニキビの進行程度や体質などによって個人差がありますが、正しいニキビケアで極力ニキビ痕を残さないようにすることも可能です。

ニキビが深い場所にある場合は、膿が出ず、中でゆっくりと吸収されていくこともありますので、しっかりと深い場所までケアできるニキビケア専用の化粧水などのスキンケアアイテムで対策するようにしましょう。

大人ニキビのケアに最適なアイテム

大人ニキビのケアに最適なアイテムと言えば、誰もが知っているプロアクティブプラスです。

プロアクティブは思春期ニキビ用のスキンケアアイテムだと思っている人が多いのですが、実は大人ニキビにも効果を発揮してくれるのです。

プロアクティブプラスは、思春期ニキビと大人ニキビの両方に効果があり、ニキビを治すだけではなくニキビの予防対策としても効果的なのです。

プロアクティブプラスベーシックセット(薬用)で大人ニキビも思春期ニキビも改善

プロアクティブプラスのベーシックセットは、3ステップでニキビを治すスキンケアアイテムで、病院に行っても治らなかったニキビが治った評判のニキビケアで一番売れている商品になります。

プロアクティブプラスは利用者からとても高く評価されているスキンケア商品で、新規購入者、リピーター共に年々増加しています。

病院へ行っても、さまざまなスキンケア対策をしてもニキビが治らない方は、プロアクティブプラスを是非お試しください。

今なら当サイトからお申込みいただくと、通常価格7,900円のところ約38%OFFの4,900円での購入が可能となります。

しかも、万が一効果がなかったとしても60日間全額返金保証付き(使い切っても返金OK)だから安心して利用していただけます。

ただし、プロアクティブプラスは人気商品のため、在庫がなくなり次第お得なキャンペーンは中止となりますのでご注意ください。

もし、本気でニキビを治したいと言う場合は、なるべく早目にお申し込みするようにしてください。

>>今すぐプロアクティブプラスベーシックセット38%OFFの詳細をチェック

まとめ

大人ニキビも思春期ニキビも正しいスキンケア方法で改善することができます。

病院へ通院しても治らない場合があるニキビでも、プロアクティブプラスならニキビを改善し悩みを解消してくれます。

もちろん万能薬ではないので肌に合わない人やいまいち効果を感じない人も居るかもしれませんが、万が一効果がなかっても60日間全額返金保証付き商品になりますので安心してお試しいただけます。

効果に自身があるからこそ60日間もの長期間の返金保証を付けれると言うことなので、本気でニキビを治したい方にはぜひ試してほしいアイテムです。




おすすめの記事