青ひげは男性だけの悩みだと思って過ごしていると、ふと鏡を見たときに自分の鼻下がうっすらと青いひげが生えていたらショックを受けますよね・・・

自分で気づいたならまだしも、彼氏やパートナー等の異性に「ひげ青いよ!」と気づかれたら人生終わった感出てしまうと思います。

そうならないためにも女性であっても日頃から口ひげの手入れはしっかりしておいた方が良いでしょう。

女性でも男性ホルモンを持っているのでひげが生えることはあたりまえですが、ほとんどの場合産毛程度なのでひげが青くなって目立つことはありません。

しかし、「間違ったひげ処理」をすることで女性であっても男性のように青いひげになってしまうのです。

しかも青ひげはファンデーションでは隠せません!

自分では隠しているつもりであっても、光の加減でうっすらと鼻下が青く見えてしまっているのです・・・

そうなってしまうと女子力低下どころの騒ぎではありません!

ですから以下で紹介する青ひげ対策を徹底して、女子力アップを目指してみてください。

今回は、ファンデーションでも隠せない青ひげの対策方法について解説していきたいと思いますので、青ひげに悩まれている方、もしくは青ひげになりたくないと言う方は参考にしてみてください!

女性の方が青ひげになる原因はなに?

女性なのに鼻下のひげが青い原因はなに?

女性が青ひげになる原因は、ひげを剃毛した際に皮膚内部に残る「毛根が太いから」です。

カミソリで剃毛することで肌表面の毛はなくなりますが、肌内部に毛根が残っているため表皮を透過して黒色が青色に見えてしまうのです。

これはどれだけキレイに剃毛しても、深剃りしても問題が解決するわけではありません。

なぜなら、たとえ産毛であっても毛根に近づくにつれて毛が太くなっていることと、毛根は普通に太いからです。

女性なのに口ひげが生える原因は以下にまとめています。

産毛であっても鼻下は青ひげに見える!

女性でも顔全体に産毛が生えていますが、産毛が原因で光の反射が低下して顔全体が暗く見えることってありますよね。

産毛がなくなると顔全体の肌の色がワントーン明るくなり美肌効果が出ます。

特に鼻下は鼻で陰になりやすい部分でもありますので、暗くなりやすくなります。

そのおかげで、産毛があると余計に鼻下が青いひげに見えるようになってしまうのです・・・

女性の鼻下が暗く青っぽくなる原因

女性の鼻下が暗く青っぽくなってしまう原因は、剃刀や毛抜きによるひげ処理にあります。

ムダ毛を剃ったり抜いたりすることで、その部分は刺激を受けてしまい「メラニン」の生成が活発になります。

特に毛抜きで口ひげの処理をしている人は要注意ですね!

カミソリだと毛根が残ってしまい青ひげに見えてしまうから毛抜きで処理していると言う人も多いと思いますが、それは「色素沈着の原因」になりますの要注意なのです。

この色素沈着こそが鼻下が暗く青っぽくなっている原因になります。

ここにひげの毛根が青さをプラスして男性の口元のようになってしまうのです・・・

こうなってしまうとファンデーションをどれだけ厚塗りしても、その部分だけ色が暗くなり青ひげのように見えてしまうのです。

ですから、女性の方はなるべく鼻下の産毛は剃らないようにしてください。

ひげの剃り過ぎは産毛が濃くなり口ひげに変化したり、色素沈着を起こす原因になりますので適切な処理方法が必要になります。

Recommend Posts

女性が青ひげを回避するための対策方法!

女性の方が青ひげを回避するためには、「剃らない」「抜かない」が最低条件になってきます!

じゃあどうやって鼻下のひげの処理をすればいいの?

となると思いますが、剃らない抜かないを意識している女性の場合は電気シェーバーを使って口ひげ処理をしていると思います。

電気シェーバーは確かに今後の青ひげ対策や色素沈着の対策に効果的ですが、すぐにひげが伸びてくるので朝処理しても夕方にはうっすらと青く見えてくることがあります。

コレだと結局青ひげを回避することができません。

ですから、こんな時は女性用ひげスキンケアクリームで対策するのが最も最適な方法なのです。

今までありそうでなかったスキンケアクリームで、女性特有のヒゲ専用になりますので敏感肌の方でも乾燥肌の方でも使用できるように開発された人気商品になります。

さまざまなメディアや雑誌にも取り上げられているので知っている方も多いと思いますが、使ったことが無いと言う方は是非一度お試しください。

女性の青い口ひげ対策は女性用ひげスキンケアクリームが最適!

女性の青い口ひげ対策には、専用クリームで毎日のスキンケアがおすすめになります。

敏感肌の方や乾燥肌の方でも安心して使用できるように開発されていますので、肌トラブルの心配なく青ひげ対策することができます。

ひげをなくしてキレイになるために剃毛したり毛抜きで抜いたりしているのに、色素沈着を起こしてしまったり、産毛が濃くなり青ひげになったらそれこそ本末転倒ですね。

そうならないためにも時間はかかりますが、毎日のスキンケアで安全に青ひげ対策することをおすすめします。

ひげの無い未来の自分と出会うためには、ひげに悩む女性のために開発された「【NOISU】ノイス・イノセンスクリアセラム」がおすすめです。

ノイスは累計販売数400,000個以上で「顧客満足度98.5%」「リピート率90%超え」の女性用ひげ(産毛)スキンケアクリームになります。

日本製のスキンケアクリームで「無着色・無香料」「無添加」になりますので、敏感肌や乾燥肌でも安心してお使いいただける商品になります。

女性のひげはカミソリや毛抜きで処理するのではなく、女性のひげ専用に開発されたスキンケアクリームで安全に対策するようにしてください。

ノイスの公式サイトに掲載されている口コミを見ていただければ分かると思いますが、数多くの女性の方が口周りのひげの悩みを解消されています。

口ひげで悩むのも今日までで終わりにして、ひげのない未来のキレイな自分に焦点を合わせて行動しましょう。

>>ノイスの口コミや体験レビュー

手っ取り早くひげの処理をするなら永久脱毛

手っ取り早く、今すぐ口ひげを処理したいと言う場合は、高額にはなりますがクリニックでの永久脱毛!

女性のひげ脱毛と言えばクリニック等で行っている「レーザー脱毛」がおすすめになります。

脱毛サロンよりも出力が強いので高い脱毛効果に期待できるうえに「永久脱毛」になりますので、何度か施術を受けるとひげが生えてこなくなります。

痛みが強く高額ではありますが、確かな効果に期待できますのでおすすめになります。

ただし、人によっては数年後に毛根が復活して再度ムダ毛が生えはじめる場合もありますので、完璧な永久脱毛とは言えないのも事実です。

とは言っても脱毛サロンのフラッシュ脱毛よりも圧倒的に高い効果を得ることができますので、脱毛するならレーザー脱毛がおすすめになります。

まとめ

女性にはファンデーションと言う武器がありますが、青ひげだけはどうしても隠し切れません。

自分では隠せているつもりでも、他人からはうっすら青く見えているのです。

もちろん気づかれていたとしても指摘されることは少ないのですが、自分でしっかりとチェックして女子力を上げていくしか方法は無いのです。

実際女性の方で青い口ひげに悩んでいる方や、青髭を予防したい方は上記で紹介しましたいずれかの方法で対策するようにしましょう。




おすすめの記事