医療脱毛について

医療機関のレーザー脱毛は敏感肌でも大丈夫なのか

更新日:

敏感肌の方でも、医療機関のレーザー脱毛を受けることはできるのでしょうか?

基本的に、敏感肌の方は刺激に弱いので、脱毛は受けることができないと思われている方が多いのですが、エステサロンのフラッシュ脱毛も、医療機関のレーザー脱毛も、施術を受けることは可能となっております。

敏感肌の方でも医療機関のレーザー脱毛を受けることができる理由を解説していきますので、是非参考にしてみてください。

敏感肌でも医療レーザー脱毛は可能

敏感肌が原因でムダ毛処理が思うようにできないと言う方も少なくはありません。

カミソリを使用して剃毛しても、すぐに肌荒れ等の肌トラブルを起こしてしまうので、ムダ毛処理ができないと言う方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、そのような方こそ医療機関やエステサロンで脱毛をはじめるべきなのです。

なぜなら、両者の脱毛は肌に刺激を与えることなく、毛根(メラニン色素)だけを刺激して死滅させると言う方法で脱毛を行うからなのです。

全く肌への刺激が無いのかと言いますと、若干の刺激はあります。

ですが、カミソリや毛抜きで自己処理をするよりは、肌への負担は少なくなっているのです。

つまり、敏感肌の方でも安全に脱毛の施術を受けることができるのです。

自己処理の方が肌への負担は大きい

あまり知られていませんが、実はカミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理の方が危険なのです。

カミソリや毛抜きを使用してのムダ毛処理は、肌への負担が相当大きいので、「色素沈着」「埋没毛」の原因になってしまうのです。

これらは、自己処理をすることによって肌が傷ついてしまい、その傷が再生するときにより強い皮膚が再生されることで起こっています。

つまり、カミソリや毛抜きでのムダ毛の自己処理は、肌へ相当な負担がかかってしまっていると言うことになるのです。

自己処理をした後に、肌がヒリヒリしたり、赤くなったり、かゆみが出たりすることはが良くあると思いますが、その症状こそが肌に傷ついてしまっている証拠なのです。

ですから、医療機関やエステサロンの脱毛の方が、いかに安全と言うことが言えるのです。

また、カミソリや毛抜きを使用していない場合で、ブラジリアンワックスや脱毛クリームを使用した脱毛方法も人気ですが、この方法も無理矢理毛を抜いていることと何ら変わりませんので、肌への負担は大きいと言えます。

これら全ての方法は、肌表面にある角質層へのダメージが相当大きくなります。

するとどうなるのかと言いますと、肌表面の角質層がそぎ落とされてしまうので、セラミドまで削り取られて皮質機能がなくなってしまうのです。

その結果、乾燥肌の原因となってしまい、敏感肌をさらに悪化させてしまうことになるのです。

医療機関の脱毛は保証が万全

医療機関のレーザー脱毛は、敏感肌の方でも施術を受けることが可能です。

若干の刺激や痛みはあるものの、カミソリや毛抜きを使用した自己処理よりは肌への負担が少ないので安心です。

ただし、あくまでも低刺激で負担は少ないと言われていますが、施術時の痛みはあるのでご注意ください。

しかし、敏感肌の方こそ医療機関やエステサロンで脱毛を受けた方が良いと言うことは間違いないです。

また、医療機関の場合は、リスク保証なども万全の体勢なので、万が一のことがあっても安心なのです。

それに、何と言っても「医療機関」での脱毛になりますので、一人一人の肌の状態を入念にチェックして、その人の肌の状態に合わせて照射力を調節したりして施術を行いますので、肌トラブルが起こる確率はかなり低いのです。

それから、医療機関と言うだけあって、医師免許を所有している医師が居るので、医療の観点から肌の状態を診ることができるのです。

つまり、医療機関のレーザー脱毛は、より安全と言うことが言えるのです。

しかも、医療機関のレーザー脱毛なら、医療用に認可された高出力の脱毛マシンで施術を行うので、少ない回数で脱毛が完了しますので、肌への負担がより少ないので安心なのです。

以上のように、医療機関のレーザー脱毛は、敏感肌の方でも安全に受けていただくことが可能なのです。

医療機関と言うだけあって、肌の状態の見極めや、一人一人に合わせた施術を行ってもらえるので安心ですね。また、万が一のことがあっても、そこは医療機関なので何の心配もいりません。

敏感肌の方こそ、医療機関の脱毛でムダ毛処理をした方が良いのではないでしょうか。

-医療脱毛について
-, ,

Copyright© 全身脱毛おすすめナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.